筋トレの基礎知識

【経験談】筋トレを長く続ける秘訣【継続のコツは7つある】

「毎日筋トレをやってるけど変化がない。1日で変わるとは思っていなし、長く続けることに意味があることも分かってる。だけど、なかなか続かない。どうしたら筋トレを継続することができるだろうか。」

こんな疑問にお答えします。

本記事でわかることは以下です。

筋トレを長く続ける7つのコツ

私はサラリーマンをやりながら約1年半くらい、週2〜3回の頻度でジムに通って筋トレをやっています。

筋トレをはじめたばかりの頃は、ジムに行くのが億劫になってしまうこともありました(実際、過去に何度かやめたこともあります…)。しかし、今では最低でも週1回はジムに行って筋トレをやらないと落ち着きません。笑

ここまできたらもう筋トレをやめることはないと思います。(70歳くらいまでは続けたいですね!)

今回は、こんな私が「筋トレを長く続けるコツを7つ」ご紹介したいと思います。

筋トレを長く続ける7つのコツ

目的を明確にする

やはり何事も目的を明確にすることは大事ですね。

筋トレが続かなかった頃の私は、インスタグラムでたまたま表示された、筋肉質でカッコいい男性を見て「かっこいいなー、おれもやってみよう」くらいの感じで何とくやっていました。

これは一時的に他人から影響されているだけなので、ちょっと苦痛を感じたらすぐにやめてしまいます。

当時は、こんな負のスパイラルに陥ってました。

この負のスパイラルから抜け出すために「筋トレをやることで、どうなりたいのか」を真剣に考えることにしました。

私が筋トレをやる目的は以下です。

  • 体を鍛えてファッションを楽しむ
  • 軟弱な精神を叩き直す
  • 仕事をバリバリやれる体力をつける

といった感じで自分が筋トレをやる目的を明確にすれば、他人から影響されて筋トレをやることはなくなります。

こうなると「自分の意思で」筋トレをやるようになるので続きやすいです。

憧れの体の画像を見る

目的が決まったら、自分が目指すべき体の画像を探して、定期的に見るようにするといいです。(ちなみに私がよく見ているのは中田英寿さんです)

私は、↓こんな感じで画像を印刷してファイルに挟んでジム内で持ち歩いてます。

ジムに行く前やモチベーション上がらない時など、何度も何度も中田英寿さんの画像を見て「おれはこの体になるんだ!」と脳みそに刷り込んでます。

目的を決めるだけでなく、自分がなりたい体の画像や写真も見ていた方が筋トレは続きやすいです。

ジムに通う

自宅は誘惑が多くて怠けやすいので、ジムに通うようにしました。

ジムには真剣にトレーニングに打ち込んでいる人たちがたくさんいて、その人たちを見てると自然と「おれもやらなければ!」という気持ちになってきます。

なので、自宅トレよりジムの方が続けやすいと思います。

「ジムはお金がかかる」とか「行く時間がない」という方もいるかもしれませんが、最近は24時間営業で月額7000円〜10000円くらいで通えるジムもあるので、サラリーマンの方でも通いやすいと思います。

ちなみにジム選びのポイントは、家から15分〜30分以内のところがおすすめです。遠すぎると通うのがダルくなるので。

成長記録をつける

これは個人的に一番おすすめなのですが、バーベルやダンベル、その他マシンの重量やレップ数などを毎回記録していくと自分の成長具合がわかるので筋トレが面白くなります。

例えば、「前回は80キロだったから、今回は83キロ上げてやろう!」とか「前回は5回しか上がらなかったから、今回は12回上げてやる!」といったように、過去の自分の記録を超えることがモチベーションになるので筋トレを続けやすくなります。

過去の記録を超えることだけに集中していたら、当然筋力もついてくるので、体つきも変わってきます。

アプリなどで管理してもいいんですが、私の場合は下の画像のようにエクセルで表を作って手書きでやってました。(これは今でも続けてます)

はじめたばかりの頃に上げていた重量と今上げれる重量を見比べたりすると、成長を実感できるのでまじでおすすめです。

制限を設け過ぎない

筋トレの目的や目指しているところにもよりますが、はじめから制限はかけ過ぎない方がいいと思います。

例えば、「ジムに週5回通う」とか「炭水化物は一切食べない」など、最初から厳しい制限をかけ過ぎると、ストレスでやる気がなくなって、筋トレ自体をやめてしまう可能が高いです。

なので、最初から制限はかけ過ぎずに、「月1回ジムに通う」ぐらいの感覚ではじめて、慣れてきたら増やしていくのがおすすめです。

一緒にやる仲間を作る

筋トレ仲間を作るのはすごくおすすめです!

私とかは基本的に怠けものなので、最初の頃は、やる気がでない時でも無理矢理ジムに連れて行ってくれるような仲間を探しました笑

ジムに完全に慣れてしまってからは、基本的に一人で行っているんですけど、たまに二人で行ったりすると楽しいですし、バーベルの補助とかもしてもらえるので普段よりも追い込んだトレーニングもできます。

気持ちの面でもトレーニング面でも仲間がいるのは良いことが多いので、周りにジムに通ってる友達がいないか探してみてたり、ジムに来ている人に話しかけて仲良くなるのはおすすめです。

新しいアイテムを買う

ウェアや靴、グローブ、プロテインシェーカー、サプリメント、イヤホンなどなど、筋トレのときに使うアイテムを定期的に買うのもおすすめです。

買ったら早く使いたくてジムに行こうとするし、新しいアイテムを使うのは気持ちもいいです。

最近のトレーニングウェアやシューズはカッコいいものが多いので、いろいろ見てるみるといいと思いますよ。

まとめ

というわけで、私が筋トレを長く続けるためにやってきたことをご紹介しました。

筋トレを長く続けるコツをもう一度まとめると以下の7つです。

  1. 目的を明確にする
  2. 憧れの体の画像を見る
  3. ジムに通う
  4. 成長記録をつける
  5. 制限を設け過ぎない
  6. 一緒にやる仲間を作る
  7. 新しいアイテムを買う

筋トレはやり方をちょっと工夫すれば、長く続けるのはそんなに難しいことではありません。今回の内容を参考にして、自分がやりやすい方法を見つけてみてください。

人気記事細マッチョにおすすめのプロテイン3選【自分の意思で決めよう】
人気記事モテる細マッチョはスキンケアも怠らない【メンズ化粧水おすすめ5選】
人気記事細マッチョ好きの女性と出会えるマッチングアプリ5選【優良厳選】