細マッチョの食事

お酒は筋トレに悪影響?お酒が悪いと言われる理由と正しい付き合い方

「筋トレ後や前にお酒を飲んでも大丈夫?」

筋トレをやっていてお酒が好きな方なら、一度くらいは疑問に思ったことあるのではないでしょうか。

私もお酒が大好きで、特にジムで汗をかいた後の一杯は最高に美味いと思います。

しかし、多くのサイトには「筋トレにお酒(アルコール)は悪影響」といった内容が記載されていますよね。

うーん、お酒は好きだけど、トレーニングが台無しになるのは嫌だ……。

 

でも、お酒は飲みたい!

 

ということで、本当にお酒(アルコール)は筋トレに悪影響なのか調べてみました。

結論からお伝えすると、お酒を飲んだら筋トレが無駄になるとは言い切れません。しかし、筋トレの日だけは飲まない方がいいです。それ以外の日は種類と量を考えて飲めば問題ないでしょう。

この記事では、お酒が筋トレに悪影響と言われている理由とお酒との正しい付き合い方をご紹介します。

なぜ、お酒が筋トレに悪いと言われるのか?

お酒が筋トレに悪影響と言われる理由は主に3つです。

  1. 筋肉の成長に必要なホルモンを減らす
  2. 筋肉を分解するホルモンを増やす
  3. 肝臓に負担をかけ超回復を遅らせる

お酒とうまく付き合っていくには、まず「悪い」と言われる理由も知っておくことが大切だと思います。

1-1. テストステロンの分泌が低下する

筋トレをするといくつかのホルモンが分泌されるのですが、その中に筋肉の修復や成長を促す「テストステロン」というホルモンがあります。

テストステロンは男性ホルモンの大部分を占める重要な要素で、筋肉・骨・性欲・活力など男性として生きるために大切なホルモンです。

筋トレ後に過度な飲酒をすると、この筋肉の成長に欠かせないテストステロンの分泌が低下すると言われています。

これがお酒が筋トレに悪影響だと言われる一つの目の理由です。

理由❷:お酒は筋肉を分解するホルモンを増やす

過度な飲酒をすると、コルチゾールという筋肉(タンパク質)を分解するホルモンが分泌されます。

このコルチゾールは、ストレスホルモンとも呼ばれていて、飲酒以外にも体や精神的なストレスが発生したときも分泌されます。

分泌したコルチゾールが筋肉中のタンパク質を分解してしまい、その結果筋肉が減ってしまってまう

筋トレ後は、特にタンパク質がたくさん必要なのに、お酒を飲んでコルチゾールを大量に分泌させタンパク質を減らしてしまうのは得策ではないでしょう。

理由❸:お酒は肝臓に負担をかけ超回復を遅らせる

お酒が肝臓に悪いのは皆さんご存知の通りですよね。アルコールを分解するのは肝臓なので、アルコールを大量に摂取すると肝臓に負担をかけます。

肝臓に負担をかけると、筋肉の成長に必要な超回復が遅れる

超回復とは、筋トレによって崩壊された筋肉を「たんぱく質」によって修復し、元の筋肉より少し大きな状態になることです。

この超回復を行うには肝臓の働きがとても大事。しかしアルコールで肝臓に負担をかけると筋肉の回復に悪い影響を与えると言われています。

筋トレをやっている人がお酒と付き合うには?

ここまで読んで頂いた方ならお気づきだと思いますが、はっきり言ってお酒は筋肉に悪いです。

しかし、ボディビルダーの人でもお酒をガブガブ飲んで、筋肥大されている(筋肉をしっかりつけている)人は普通いるので、大量に飲みすぎなければそこまでの影響はないと思います。(個人差あり)

それに、お酒を飲まないことがストレスで、筋トレを継続できなくなったら意味がないと思います。

大会などを目指している方は別ですが、サラリーマンをやりながら筋トレをやっている人で「お酒を完全に飲まない」というのは難しいと思います。

そこで、うまくお酒と付き合っていく方法も調べたのでご紹介します。

2-1. 筋トレをした日だけお酒を飲まない

筋トレの効果を最大限にするには、やはり筋トレをした日だけは飲まないのが得策です。

筋トレした日の肝臓は、筋肉を回復させる事に専念させましょう。

しかし、どうしても付き合いでお酒を飲まないといけない場合などは、アルコール度数が低いお酒を選んだり、水を多めにして割ったり、お酒選びを工夫しましょう。

❷ 炭水化物(糖質)を多く含むお酒は控える

肝臓はアルコールの分解を優先するので、本来分解されるはずの糖質や脂質は後回しになり、体脂肪に変わってしまいます。

細マッチョになりたい人や、ダイエットのために筋トレをしている人にとっては最悪です。

これを避けるためには、糖質を多く含むビールやワイン、日本酒などの醸造酒は控え、焼酎、ウイスキーなどの蒸留酒を飲むようにするといいでしょう。

❸ タンパク質を摂りながらお酒を飲む

お酒を飲むときは、筋肉の材料やテストステロンを増やす成分、アルコールの吸収を抑える食べ物を摂るといいです。

おすすめは高タンパクな食べ物です。

例)枝豆・豆腐・焼き鳥・納豆・白身魚・ツナ・卵料理など

タンパク質は筋肉にとって欠かすことができない栄養素。お酒でタンパク質が不足してしまう分、他で積極的に摂るようにすることが大切です。

まとめ

お酒が筋トレに悪いと言われている理由と正しいお酒との付き合い方をご紹介してきました。

結論、お酒は筋肉には良くないです。

しかし、お酒を大量に飲んでもしっかり筋肉が発達している人たちはいますし、お酒を我慢する事がストレスになるのも良くないと思います。

なので、お酒の量や種類や飲むタイミング、お酒を飲みながら食べる物に気を使って上手にお酒と付き合っていくことが大切だと思います。