筋トレグッズ

シットアップベンチの種類や使い方、腹筋以外にも効果あり

30代くらいになるとやはり気になるのがウエスト周りの脂肪や贅肉です。

また、全体的に体がたるんだように感じる方も多いかと思います。

そうした方の中には、できればトレーニングジムに通ってみたいと考えながらも、なかなかそんな時間がないという場合がほとんどです。

しかし、そうした悩みを解決してくれるトレーニング器具が自宅用のシットアップベンチ。

一台で様々なトレーニングが可能で、さらに最近では折りたたみ式で省スペースなものも多数販売されています。

この記事では、シットアップベンチで出来るいろいろなトレーニングやその効果についてご紹介します。

ジム通いは経済的に負担が大きいという方にとっても、非常に魅力的な筋トレアイテムですので必見です。

シットアップベンチの種類

シットアップベンチというのは要するに「腹筋台」のことです。

昔からあるトレーニング器具のひとつですが、最近のシットアップベンチはいろいろなトレーニングが出来るように作られていて非常に筋トレが捗ります。

安いもので4,000円から、高くても10,000円程度ですのでジムに通うよりもはるかに経済的です。これひとつで筋トレの効率も高まるのならば安い買い物といえるでしょう。

シットアップベンチには2つの種類がある

シットアップベンチには大きく分けて2つの種類があります。それが「フラットタイプ」「アーチ型タイプ」です。

フラットタイプは背もたれが真っ直ぐ、アーチ型は背中を伸ばすように湾曲しているのが特徴となります。

フラットタイプ

ダンベルなどの筋トレにも利用が出来て、トレーニングの幅が広がります。

アーチ型タイプ

湾曲している分、トレーニングのハードさが上がり腹筋への効果がアップします。

どちらもそれぞれの特徴がありますが、一般的なものでいいますとフラットタイプを使っている方が多いといった印象です。

フラットタイプは足を折りたためば自宅のデッドスペースに収納できるといったメリットもあります。

アーチ型は腹筋へのアプローチが抜群なので、特に腹筋を割りたいといった要望も持っている方にはおすすめです。

シットアップベンチの使い方

そのため、一台あれば体全身の筋トレが出来る優れたトレーニング器具といえます。

さっそくその使い方を見ていきましょう。

基本的な使い方

基本的にシットアップベンチは腹筋を鍛えるために使います。

ほとんどの製品が傾斜角度を自由に変えられますので、普通に腹筋運動をするよりも高いトレーニング効果が期待できます。

使い方

  1. まず自分の好きな角度に調整します。
  2. 足を2箇所のバーに固定して腹筋運動を始めます。
  3. 最初は軽い角度から、徐々に慣れてきたら傾斜をきつくしていってみましょう。

このほかにもレッグレイズといって、ベンチで体を支えながら足を上げ下げして腹筋を鍛えるトレーニングも行えます。

背筋や腕の筋肉のトレーニングにも使える

先程は仰向けになって行っていましたが、これをうつ伏せの状態にすれば背筋を鍛えるバックエクステンションといったトレーニングになります。

また、少し難しいですがこれを横向きで行えば腹斜筋を鍛えることも可能です。

さらに使い方によっては上腕筋を鍛えることもできて(プッシュアップトレーニング)、まさに全身用のトレーニング器具といえます。

シットアップベンチのメリットは手軽に負荷を調整できるところにあり、しかも自宅で安全にトレーニングが行えるといった点も優れている部分です。

フラットタイプであれば複合的なトレーニングもできる

フラットタイプのシットアップベンチはダンベルやバーベルを使った複合的なトレーニングも可能にします。

本格的に自宅をジムのようにしたい方であれば、ベンチサイドにバーベルレストを取り付ければベンチプレスといったトレーニングも出来ます。

腹筋だけでなく全身をバランス良く鍛えたいという方にはおすすめです。

おすすめのシットアップベンチ商品紹介

ALINCO(アルインコ) シットアップベンチデラックス

最近ではいろいろなタイプのベンチが販売されていて、こちらは波型に設計されたシートが体にフィットしてズレを防止してくれたりもします。

東急スポーツオアシス シットアップベンチ

こちらは一台でマルチなエクササイズが試せる多機能なところがポイントです。省スペースも兼ねていてとてもおすすめの一品です。

自宅のサイズなどに合わせてぜひ購入を検討してみてください。

シットアップベンチの高い筋トレ効果

シットアップベンチを使ったトレーニングは、普通に自宅で腹筋運動をするよりも高い効果が得られます。

特にアーチ型タイプのシットアップベンチは、湾曲している分よりハードに腹筋を刺激するため通常の何倍も筋肉が鍛えられておすすめです。

自宅で腹筋や背筋などの筋トレを行う場合、どうしても目的の筋肉に正しく負荷が掛からず効果が逃げてしまいがちです。

たとえば腹筋をする際にドアなどの隙間に足を入れて抑えたとしても膝の角度はバラバラのままです。

こうすると結局は力が分散されてしまって効率よく腹筋を鍛えることができません。

その点、シットアップベンチを利用すると、固定されているバーに足をセットするだけでしっかりと2点(腹筋の場合、足首と膝裏)が支えられ体勢も定まります。

そのため、筋トレの効果がブレずに目的の筋肉に伝わります。

このようにシットアップベンチを使う一番のメリットは筋トレを効率的にしてくれるところです。

また、ダンベルや重りを抱えながら同様のトレーニングを行えば、短期間集中型の筋トレにもなりますのでおすすめです。

シットアップベンチは全身のトレーニングに利用可能

シットアップベンチはご紹介してきたとおり、腹筋のみならず体全体のトレーニングに利用することができます。

そしてシットアップベンチを使う一番のメリットは筋トレの効率化です。

せっかく腹筋や背筋を同じ回数こなすのであれば、シットアップベンチを使ってトレーニングした方がきっと理想の体型に近づけると思いますよ。