細マッチョの食事

細マッチョの朝食【61kgから73kgになるまで食べてきたもの】

「痩せ型から細マッチョになるために日々トレーニングしているけど、筋肉をつけるための朝食は何を食べたらいいの?」

こういった疑問に答えます。

本記事でわかることは以下です。

ガリガリ(痩せ型)から細マッチョになるための朝食

以前の私は、身長178cmで「体重が61kg」しかありませんでした。日本人男性の平均体重は約70kg(178cmの場合)なので、なかなかの痩せ型でした。

そんな状態からはじめて、筋トレ開始5ヶ月目くらいの頃には「体重73kg」まで増やすことができました。(胸、肩、腕周りが随分と大きくなっています)

この経験をもとに、今回は「61kg→73kgになるまで朝食べてきたもの」をご紹介していきます。痩せ型から細マッチョを目指している方は是非参考にされてください。

なぜ「朝食」を食べた方がいいのか?

「時間がないから」とか「朝は食べる気がしないから」といった理由でついつい朝食って抜きがちですよね。

しかし、朝食べないのは結構デメリットがあります。

人間の体は寝ている間も「基礎代謝」としてエネルギーを消費しているので、朝起きたときはエネルギー不足になっています。

エネルギーが不足したままだと、仕事中や勉強中に頭がぼーっとしてしまったり、筋肉量が減少してしまたりとマイナス面が多いです。

そのため、朝食によるエネルギー補給が必要なんです。

朝食は筋トレの効率を良くしてくれますし、1日のスタートを切るうえでも朝食はとても大切です。

細マッチョになるために朝食べていたもの5選

今回は、時間がない朝でも比較的手軽に食べられるものをご紹介します。

サラダチキン(ささみ)

まず細マッチョを目指す方におすすめしたい朝食は「サラダチキン」。サラダチキンはタンパク質が豊富に含まれているので、筋トレをしている人たちの中では定番の食べ物ですね。

サラダチキンといっても、私が食べていたのは肉の塊ではなく「ほぐし肉」です。サラダの上に乗せて食べたり、パンに挟んで食べたりしていました。

ほぐし肉ははじめから身が小さく切ってあるので、時間がない朝でも手軽に食べられるのでサラリーマンの方にもおすすめです。

たまご

次に細マッチョを目指す方におすすめしたい朝食は「たまご」。たまごのタンパク質量は、1個(50g)で約6.2g。タンパク質の他にもビタミンやカルシウムなども含まれています。

私は2〜3個のたまごを目玉焼きやスクランブルエッグにして食べていました。

コレステロール値が気になる方は数を減らすといいと思いますが、最近の研究でコレステロールを多く含む食品を食べてもコレステロール値には影響がないということがわかっているので問題ないと思います。

バナナ

3つめに細マッチョを目指す方におすすめしたい朝食は「バナナ」。バナナは、様々な栄養素が含まれているので、筋肉だけでなく健康に良い食べ物です。

バナナだけでも食べていましたが、ヨーグルトと一緒に食べることもありました。

ヨーグルトにもタンパク質が含まれていますし、何よりバナナとの相性がいいのでおすすめです。(ちなみにヨーグルトは無糖がおすすめです)

シリアル

4つめに細マッチョを目指す方におすすめしたい朝食は「シリアル」。シリアルの中でも筋トレをしている方におすすめなのは食物繊維を豊富に含むオールブランです。

牛乳やヨーグルトをかけて食べていました。気分によってはプロテインをかけてタンパク質も一緒に摂ることもありました。

腹持ちも結構いいですよ。

納豆

最後に細マッチョを目指す方におすすめしたい朝食は「納豆」。納豆も筋トレをしている方には定番の食べ物ですね。1パック(45g)の中にタンパク質が「約7.4g」も含まれています。

納豆2パックをお椀に入れて、かき混ぜてよく食べてました。たまに納豆を味噌汁に入れて食べてましたが、結構美味しいですよ。

まとめ

細マッチョになるための朝食をご紹介してきました。

細マッチョを目指すにしても、痩せているうちはまず食べることが大切なので、朝食はしっかり摂りましょう。

関連記事【金子賢監修】鍛神プロテインPROの口コミ・評判は?実際に飲んだ感想もご紹介